湘南、スタイルはJ1でも通用。残留の目標は達成も…主力選手に移籍の噂が絶えず【2015年通信簿】

2ステージ制が復活した2015年のJ1も全ての試合を終えた。この1年を振り返り、各Jクラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回は年間8位の湘南ベルマーレを振り返る。

2015年12月24日(Thu)6時59分配信

シリーズ:2015年Jリーグ通信簿
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

昇格組の中では最も期待値が高い

湘南、スタイルはJ1でも通用。残留の目標は達成も…主力選手に移籍の噂が絶えず【2015年通信簿】
まず大きかったのが遠藤航(右)、永木亮太(左)という大黒柱が残留したことだ【写真:Getty Images】

 昨季、J2を圧倒的な強さで制し、3年ぶりのJ1復帰を果たした湘南ベルマーレ。昇格と降格を繰り返すエレベータークラブではなくて、『J1に住む』ことを目標に掲げた彼らは、強い決意をもって2015年を迎えた。

 まず大きかったのが、他クラブからのオファーのあった遠藤航、永木亮太という大黒柱が残留したことだ。また、ローン期間を終えFC東京へ戻った丸山祐市に後釜に経験豊富なアンドレ・バイアを獲得。

 さらに浦和から坪井慶介が完全移籍、山田直輝を期限付きで加入した。そして、柏に移籍していた高山薫が出戻りの形でチームへ帰還。即戦力級の選手は揃った。

 J2で爆発した湘南スタイルはJ1の舞台で通用するのか。多くの人が注目したはずだ。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top