名古屋、停滞の2年間から脱却へ大改革。小倉新監督の手腕&新外国人の真価が成績に直結か【2016補強診断】

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は年間9位の名古屋グランパスを占う。

2016年02月16日(Tue)15時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

西野体制2年間は停滞。変革の2016年

 ガンバ大阪で一時代を築き上げ、特大の期待とともに就任した西野朗監督だったが、在任中の2年間は停滞感を抱えたままだった。昨季は実力者を補強しながらシーズン中盤に負傷者が続出するなどアクシデントに見舞われ、フォーメーションやチームとしての形を定められず低迷が続いた。

 だが今季は変革の1年となる。クラブOBの小倉隆史新監督を迎え、戦力を一新。これまでのキープレイヤーたちが去った分、残った選手や新加入の選手には一層の奮起が求められる。トップレベルでの指導経験がない新米監督が成功するためには、ピッチ上で戦士たちの貢献が不可欠だ。

2016シーズン 戦力入れ替え

名古屋入れ替え2016

1 2 3 4

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top