順位表
順位チーム名得失勝点
1ドルトムント10033
2バイエルン・ミュンヘン10023
3フランクフルト10023
4ボルシアMG10023
5アウクスブルク10013
6ヴォルフスブルク10013
7ヘルタ・ベルリン10013
8マインツ10013
9ハノーファー9601001
10ヴェルダー・ブレーメン01001
11F・デュッセルドルフ001-10
12シャルケ04001-10
13ホッフェンハイム001-20
14RBライプツィヒ001-30
15シュトゥットガルト001-10
16ニュルンベルク001-10
17フライブルク001-20
18レヴァークーゼン001-20

バイエルン・ミュンヘン

バイエルン期待の新戦力5人。新10番は完全復活なるか? 最年少記録続々樹立の17歳も台頭

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制した2019/20シーズンを終えたばかりだが、バイエルン・ミュンヘンの2020/21シーズンはすでに開幕を迎えている。レンタル組の選手たちが所属元に戻った一方、攻撃陣には頼もしい選手が加入。さらに下部組織育ちの若手有望株も続々と頭角を現している。そこで今回は、より一層強さを増す欧州王者で注目の新戦力や若手のブレイク候補を5人紹介する。

20200926_focus_getty

欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。新天地を求めた選手の能力値を紹介、今回はこの5人(11)

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はディエゴ・ゴディン、武藤嘉紀、アレクサンデル・セルロート、ファビオ・シルバ、ガレス・ベイルの5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

新着記事

↑top