順位表
順位チーム名得失勝点
1ドルトムント10033
2バイエルン・ミュンヘン10023
3シャルケ0410023
4ヘルタ・ベルリン10023
5ハノーファー9610013
6ハンブルガーSV10013
7ホッフェンハイム10013
8ボルシアMG10013
9フライブルク01001
10フランクフルト01001
11レヴァークーゼン001-20
121FCケルン001-10
13アウクスブルク001-10
14マインツ001-10
15ヴェルダー・ブレーメン001-10
16RBライプツィヒ001-20
17シュトゥットガルト001-20
18ヴォルフスブルク001-30

香川真司

不振のドルトムント、3連敗でも好転の兆し。香川真司が明かす“対策に対する研究”の実際

ボルシア・ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第12節でシュトゥットガルトに1-2で敗れた。これでリーグ戦3連敗だが、わずかながら復調の兆しが見えている。自分たちへの対策を見極め、さらに対策する。そんな地道な努力が求められる中、香川真司は現状をどのように考えているのだろうか。(取材・文:本田千尋【シュトゥットガルト】)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top