【秋春制を考える】原博実技術委員長に聞く日本サッカーの強化ビジョン(前編)

「(いまは)もうワンランク上がるための議論をタブーなくやるチャンス」
日本サッカー協会・原博実技術委員長(強化担当)は順風満帆な日本代表の活躍を評価しながらも、現状に満足することなく、日本サッカー全体がさらに上を目指すために危機意識をもって改革に取り組もうとしている。2011年8月初旬、原技術委員長が考える日本サッカーの強化ビジョンについて話を伺った。

2013年02月28日(Thu)11時13分配信

text by 西部謙司 photo editorial staff
Tags:

J3構想、シーズン移行など日本サッカーにおける改革案が浮上している。なぜ改革が必要なのか? その根源を探るべく、『サッカー批評52』(2011年9月発売)に掲載された原博実・日本サッカー協会技術委員長にインタビューした原稿を再掲する。原委員長が語った「日本サッカーの強化ビジョン」とは?。


【後編はこちらから】 | 【サッカー批評issue52】掲載

技術委員長として一番力を入れていること

――技術委員長として、いま一番力を入れていることは何ですか。

「カレンダーですね。アジア、世界も含めてですけど、日本のこれからのための正しい日程とは何か。それが一番大事かなと思っています。例えばJリーグが終わって1ヶ月後に天皇杯の決勝がある。そのことで、いろいろな弊害が出ています。J1、J2のクラブにも意見はあるだろうし、いろいろな声を聞きながら協会としていい形で調整をしなくてはいけないと考えています」

――天皇杯の弊害とは何ですか?

「ご存じのとおり、休みがバラバラになってしまう点です。天皇杯はトーナメント戦のため2月にインターナショナルマッチが入ることが多いので、そうなると天皇杯決勝まで戦った選手は休めない。11月の終わりなり、12月中旬に日程がすべて終わっていれば休めます。一定期間、休むことができればシーズン中はハードスケジュールでもいいと思うんですよ。オフをしっかりとること。それが日本のサッカーにとって非常に大事なんです。

 オフをきちんととることで、選手が長くプレーできたり、いいコンディションを保てたりする。それはプロだけじゃなくて、子供たちも同じで、もっとメリハリの利いたカレンダーが必要じゃないかと思ってます。慢性的に疲れているというのは良くない。

 そのためにはJのカレンダーを考える。まず、天皇杯ですね。シーズン中、あるいはリーグが終わってすぐ決勝をやる日程なら、天皇杯までを入れた査定の契約になるはずです。いまは、監督の退任や選手の退団が決まっている、という状況で天皇杯をやっていますけど、そういう問題も解決できます」

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top