なでしこジャパンと対戦。試合前に知っておきたいナイジェリア代表とお国事情

2013年09月22日(Sun)18時16分配信

text by いとうやまね
Tags:

緑の大地と団結と

 先日のガーナとは趣を異にして、ナイジェリアの国旗は汎アフリカ色ではなく、グリーンと白の三色旗だ。少し青みがかった緑が、コーヒー色の肌に美しく映える。

 この緑は、ナイジェリアに広がる豊かな森林を表していたらしい。ところが、無計画な伐採や焼畑農業の影響で、現在壊滅的な状況にあるとのことだ。2020年には全土の森林が消滅するのでは、と危惧されている。

 そんなわけで、今は「豊かな農作物」ということになっている。その農作物も、近年の油田開発の煽りを受け、あまり芳しくない状況にある。

 ナイジェリア国歌は勇壮なトーキングドラムと小太鼓のロールから始まる。1978年に開催された国歌作詞コンテストの受賞作品5つを繋ぎ合わせたものに、曲を付けたものだ。自由・平和・団結を願う歌詞が全編に渡っている。

 ナイジェリアは多民族国家であり、植民地時代、独立後の内戦、現在に至るまで、国が平静を保っている時期は極めて少ない。そして、諍いは今も続いている。自由・平和・団結は、ナイジェリアの切なる希望だ。

『立ち上がれ同胞達、ナイジェリアの呼び声に従え』
立て 同胞達よ!
ナイジェリアの呼び声に従おう
我が祖国に使えるため
愛と力と信仰をもって。
我らが英雄の過去の努力は
決して無駄にはならない。
心と力を持って尽くそう
自由、平和、団結で結ばれた国に

1 2 3 4

新着記事

↑top