上位6位までACL出場権獲得の可能性が! 大混戦のACL出場権争い

2013年12月05日(Thu)18時00分配信

text by 編集部
Tags: , , , , , ,

4位以下のチームでのACL出場条件

 上位3チームについては優勝争いの展望で語った為、ここでは4位以下のチームの条件を紹介する。

 まず4位の浦和レッズは、勝ち点58のため、既に優勝の可能性はないが、2位の広島と3位の鹿島が直接対決で勝ち点を奪い合うため、最終節で勝って勝ち点3を加えた場合は、浦和が必ず2位か3位に浮上できるという珍しいケースになっている。

 つまり、浦和は勝ちさえすれば必ずACL出場権が巡ってくるという状況だ。クラブを長年支えた山田暢久の退団がすでに発表されており、この最終節は勝利で彼を送り出し、ACL出場権を掴みたいところだ。

 浦和の相手は6位のセレッソ大阪。勝ち点は56で、3位の鹿島とは3ポイント差だが、得失点差で上回っている。浦和に勝利し、3位の鹿島が負け、5位の川崎が引き分け以下に終わった場合に限り、3位に浮上が可能だ。クルピ監督のラストマッチを飾ることができるか。

 勝ち点57で5位につける川崎フロンターレは、首位の横浜Fのマリノスをホームで迎え撃つ。2位の広島と3位の鹿島の結果に左右される側面は多いが、最終節に勝てば、ACL出場権の3位以内に入る可能性は十分にある。

 大久保嘉人の得点王がかかっている上に、チームを13年支えたベテランの伊藤宏樹の引退も発表されたことで、ホーム等々力での最終節で勝利を飾ろうと士気は高い。首位に勝って、3位以内の朗報を待ちたいところだ。

 浦和、川崎、セレッソの中から、来年、アジアで戦うチームは生まれるか。ACL争いも最後まで注目である。

【了】

関連リンク

横浜F・マリノス 王者への航路

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

1 2

新着記事

↑top