達観した香川、代表戦に向けたあくまでポジティブ「こんな大きな壁はない。乗り越えて成長できる。人生と一緒」

5日に行われる代表戦を前に香川真司が口を開いた。マンチェスター・ユナイテッドで不遇の時を過ごす日本の10番だが、メンタルは極めて前向きだった。悲壮感はなく、試合ができる喜びを感じているようだった。

2014年03月04日(Tue)8時20分配信

text by 元川悦子 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography , Ryota Harada , Getty Images
Tags: , , , , ,

「今はその壁をポジティブに捉えてる」

 2014年W杯イヤーを迎えてから、所属のマンチェスター・ユナイテッドで1月1日のプレミアリーグ・トッテナム戦、1月11日のスウォンジー戦、2月25日のCL・オリンピアコス戦の3試合に出ただけの香川真司。

「実戦としては物足りない。しかも今年はここまでゴールがない。こんなに長い期間ゴールが取れないのは初めて」と本人もかつてないほど大きな挫折に苦しんでいる。

 そんな彼にとって久々の日本代表戦となる3月5日のニュージーランド戦(東京・国立)はここまでの停滞感を打破し、悪い流れをポジティブに変える絶好のチャンスだ。

「もちろん試合に出続けることが選手にとっては大事ですけど、それはどうしようもないというか、自分がピッチで結果を残さない限り、得られないもの。置かれている状況は変えられないことだけど、それをポジティブなものにするために、5日に結果を残そうと思って戦いたい。

 この試合が次につながって、いいきっかけになればいいいし、ムリならばまた次に頑張ればいい。とにかく前を向いてやっていきます。

 こんなに大きい壁はなかなか経験できるものじゃない。そういうのを乗り越えて成長してくもんだと思ってますし、自分の人生もそうですから。今はその壁をポジティブに捉えてる。それがW杯イヤーの年に来るっていうのは、何らかの意味でもあるんだと思う。

 その状況を変えるには、やっぱり僕が結果を残すしかない。ピッチの上で自分の力を証明できるように頑張りたいと思います」と香川は厳しい現状を客観視しつつ、物事を努めてポジティブに捉えようとしているようだった。

1 2 3 4

新着記事

↑top