カミソリシュートに対抗! 隼シュートでゴール量産を狙う小林悠

2014年03月17日(Mon)16時34分配信

text by いしかわ ごう
Tags: , , , , , , , , ,

「みんな『あれは合成でしょ?』と言ってるけど、本当に蹴ったんじゃないかな」

 石川直宏選手からパスを左足でダイレクトシュートすると、早田くんのカミソリシュートさながらに、横に大きく曲がる変化でGK圍謙太朗の手をすり抜けてゴールネットを揺らした。この太田宏介選手による鮮やかなカミソリシュートは、youtubeの動画再生回数ではすでに100万回を突破するなどサッカーファンの間で大きなニュースになっている。

 Jリーガーの間でも話題になっているようで、「さっき風呂場でもみんなの話題になってました」と話したのは、川崎フロンターレの小林悠選手。実は太田宏介選手とは麻布大淵野辺高校での同級生であり、本人いわく「小学生時代からのライバル」で、プライベートでも親交の深い関係である。

「みんな『あれは合成でしょ?』と言ってるけど、本当に蹴ったんじゃないかな。ああいうキック持っているので…あとで電話して本人に聞いてみます」とのことだった。

 小林選手といえば、Jリーグ第2節終了時点で2試合連続ゴール中と好調を発揮しているストライカーでもある。

「太田宏介選手がカミソリシュートなら、小林悠選手はタイガーショットを打ちたいとか、希望はないんですか」と聞くと、「そんなに強めのシュートは持ってないんで…僕は顔面ブロックで!いや、FWなのでそれは恥ずかしいな。そう、隼シュートですね。ただ、どのへんが隼なのかわからないけど」と笑っていた。

 小林悠の隼シュートが実現するかどうかはわからないが、第2弾の企画も楽しみである。

【了】

関連リンク

石川直宏 変化、そして進化

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

1 2

新着記事

FChan TV

↑top