【W杯直前ルポ】スタジアム建設遅れの一因となる“法の壁”。日本とは比較にならない治安の悪さ

ブラジルには多くのリスクがある。スタジアムの建設が遅れているのも、ブラジル特有の理由がある。彼らは何も怠けているというだけではない。そして当然、治安も悪い。

2014年05月18日(Sun)12時50分配信

シリーズ:ワールドカップ直前ルポ
text by 田崎健太 photo Getty Images
Tags: , ,

スタジアム建設遅れの原因でもある労働者を守る法

20140518_brazi
ブラジルの労働者は手厚く法で護られている【写真:Getty Images】

「ブラジル・リスク」という言葉がある――。

 これは日本企業が進出する際、考慮しなければならないブラジルの問題を指す。中には、複雑な税制、高金利、インフラの未整備、労務問題が含まれる。

 ブラジル・リスクはW杯にも関係がある。

 日本ではあまり知られていないが、ブラジルの労働者は手厚く法で護られている。

「統合労働法」に加えて、昇給、社会保障、年金、ストライキ、健康安全基準など様々な法律が存在する。これらの法律は、個別の雇用契約より上位にあり、雇用契約で合意した条項を無効とすることもある。

 特に日本企業が頭を痛めているのが、「解雇」である。

 企業側が「正当に」解雇する条件はかなり狭い。遅刻、無気力な勤務が続いたといって、日本式に解雇すると、すぐに労働裁判所へ訴えられる。訴えを起こす従業員側へは訴訟費用の請求がないことも、訴訟が多発する原因となっている。企業側にとっては、敗訴すれば金を取られ、勝ったとしても裁判費用が嵩む。

 ブラジルのスタジアム建設の遅れが未だに報じられている。これは事故による後処理、労働者に対する対策を講じるため、莫大な時間が掛かっているという面もある。

 そして、最大のブラジル・リスクは「治安」だ。

1 2

Recommended by

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top