大久保、決勝弾に興奮「全然狙ってない。青山が良く出してくれた」。精神面も成熟「今は与えられた時間でベストを尽くそうと思える」

日本時間7日に行われた日本代表対ザンビア代表戦。試合後に大久保嘉人が語った。

2014年06月07日(Sat)13時24分配信


Tags: , , , , , , ,

「1つ出てスッキリした」

 後半開始から出場し、ロスタイムに決勝ゴールを決めた大久保は「全然狙ってない。青山がずっと見てたから、出してくれるかなと思って走った。良く出してくれたなと思ったね。出てこないだろうなとも思ってた」と興奮気味に話した。

 さらに、待望の代表ゴールに関しては「1つ出てスッキリした。これで良い形で出来る。逆転勝利はデカイね」と満足している様子。それでも「3失点は問題。コートジボワールはそう簡単にやらせてくれない」と、やはり全体の内容には危機感を持っている。

「ミスが多かったね。パスを出すタイミングで出さず、1テンポ遅れて出すから奪われてカウンターという場面が多かった。俺が入ったときには、前に当てろと伝えた。そうじゃないとリズムが作れない」と、パスを回すテンポの悪さの要因を語った。

 自身が先発を外れた事への悔しさを問われると「悔しくはない。今は与えられた時間でベストを尽くそうと思える。W杯でどうチームをサポート出来るかって。多分、昔だったら悔しがってたけどね」と、精神面が成熟した様子を見せた。

【了】

関連リンク

遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
強いやつに勝ちたい。世界中に認められたい
日本代表・山口蛍の『判断力』の磨き方
柿谷曜一朗のサッカースーパーテクニックバイブル【DVD付】
大久保嘉人のサッカー攻撃テクニックバイブル

新着記事

FChan TV

↑top