スペイン代表カシージャスの回想「02年W杯の韓国戦は恥ずべき戦い。審判が相手を後押しし、誤審が存在した」

10年以上もスペインの砦を護ってきたカシージャス。常にピッチを見続けてきた彼の今の想いとは……。『フットボールチャンネル02 スペインは負けない。』(6月4日発売)では本人へのインタビューを行った。(翻訳:江間慎一郎)

2014年06月10日(Tue)16時18分配信

text by エンリケ・オルテゴ photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

「韓国の試合ではイタリアやほかのチームとの対戦でも誤審が存在したからね」

――あなたが臨んだ初のW杯は、日韓共催で行われた大会でした。正GK争いを繰り広げていたサンティアゴ・カニサレスが負傷したことによって、大会を通してゴールを守りました。

スペイン代表カシージャスの回想「02年W杯の韓国戦は恥ずべき戦い。審判が相手を後押しし、誤審が存在した」
イケル・カシージャス【写真:Getty Images】

「少し奇妙な感覚だったね。W杯前、グラスゴーで行われたCLの決勝では、負傷退場したセサル・サンチェスの代わりに僕がピッチに立ち、そのまま続けてW杯という大舞台でもゴールを守ることになった。運に恵まれていたとも感じたけど、CL決勝前の2ヶ月間はセサルにポジションを奪われていたから、W杯でプレーすることには若干の不安があったよ」

――スペインは誤審騒動が起きた準々決勝の韓国戦(0-0、PK戦3-5で敗戦)で敗退しています。

「審判がホームである相手を後押しすることは分かっていた。韓国の試合ではイタリアやほかのチームとの対戦でも誤審が存在したからね。だけど自分たちに対する仕打ちは、ほかのチームとの対戦よりもっとひどかったと思う。

 スペインはあのような敗戦を喫するに値せず、準決勝に進出すべきだった。韓国戦は人生の中でも理解できない出来事の一つで、それは自分の若さや経験不足などとは関係がないものだ。審判に苛立ちを覚えたし、本当に恥ずべき戦いだった。PK戦で、僕が何もできなかったとしてもね」

――スペインはEURO2004、ドイツW杯でも辛酸をなめることになりましたが、EURO2008でついに優勝を成し遂げました。

「グループリーグ第1節ロシア戦(4-1)の勝ち方が、その後の行方を決定付けたと思う。スペインはボールを自分たちの所有物として、完全に相手を圧倒した。あの一戦によって自分たちのフットボールが通じるという確信が得られ、さらなる勢いを生み出したんだよ。

 当時のスペインはベスト8の壁を破れず、疑心暗鬼とも言える状態に陥っていた。だから何度も話し合いを繰り返して、何よりも自分たちのフットボールを楽しもうと誓ったんだ。そして準々決勝イタリア戦(0-0、PK戦4-2で勝利)が運命を変える試合となり、スペインは新たなチームに生まれ変わった。PK戦で幸運を手にしたことでね」

1 2 3 4

新着記事

↑top