山口、日に日に高まる期待にも自然体「普段どおりやれたらいいかな」

2014年06月14日(Sat)13時19分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

20140614_hotaru_getty
山口蛍【写真:Getty Images】

 日本代表は現地時間13日、ベースキャンプ地のイトゥからコートジボワール戦の会場となるレシフェに移動し、前日練習を行った。

 テストマッチ3試合全てにフル出場し、コートジボワール戦でも先発出場の期待が高まるMF山口蛍は、勝利への自信を問われると「まあ、ありますけど。頑張りたいと思います」と、気負いは無い様子だった。

 ここ最近で急激に台頭し、その存在感を強めているが「僕は入って1年ぐらいなんで、スタイルの浸透度はそこまでないかもしれない」と発足当時から定着している選手と比べれば、“ザックスタイル”の理解度は不足しているようだ。

 それでも「ここまで来ているんで、監督からは出来るだけ伝えられているとは思っている。役割としては、所属クラブや代表、五輪でもそこまで変わらないと思う」と語った。

 さらに、自らのプレースタイルでもあるカバーリングへの意識については「手がどうこうというより、いつもそういう意識を強く持っている。コートジボワールだからより意識するとかじゃなくて、普段どおりやれたらいいかなと思う」と、あくまでも自然体で臨む姿勢を示した。

【了】

関連リンク

Fチャンワールドカップ2014ブラジル大会特設ページ
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
日本代表・山口蛍の『判断力』の磨き方
前セレッソ大阪監督『レヴィ―・クルピ』名伯楽が初めて明かす「若き才能の磨き方」
タイトルという形で恩返しを
柿谷曜一朗のサッカースーパーテクニックバイブル
大久保嘉人のサッカー攻撃テクニックバイブル

新着記事

FChan TV

↑top