【W杯・試合採点】ウルグアイ対コスタリカ(グループD)

2014年06月15日(Sun)8時41分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20140615_canbel_getty
ジョエル・キャンベル【写真:Getty Images】

GK 1 フェルナンド・ムスレラ 5.5点
 浮き球処理など、いくつかミスがあった。3点目でも、思い切った飛び出しが裏目にでた。

DF 2 ディエゴ・ルガーノ 5.0点
 PK獲得で先制点に貢献。しかし、1失点目、3失点目のシーンでは、うまく味方と連携をとれず、ゴールを許した。

DF 3 ディエゴ・ゴディン5.0点
 ハイボール処理のミスが何度かあった。また、3失点目では、ルガーノとの連携を誤った。

DF 16 マキシミリアーノ・ペレイラ 4.0点
 攻撃では、技術の高さをみせるが、守備は軽いプレーが目立つ。1失点目では、ボールウォチャーになり、キャンベルをフリーにしてしまった。また、試合終盤には、キャンベルの脚を蹴り、一発退場。チームに迷惑をかけた。

DF 22 マルティン・カセレス
 攻撃では運動量と高い技術で貢献。しかし、1失点目では、ガンボアへのよせが甘く、簡単にクロスをあげさせた結果、同点弾を奪われた。

MF 5 ワルテル・ガルガノ 5.5点
 守備で奮闘したが、組み立てに関しては微妙。

MF 7 クリスティアン・ロドリゲス 6.5点
 ボールをキープし、ドリブルで左サイドを突破。また、高精度なクロスも供給し、ウルグアイの攻撃の起点になった。

MF 17エヒディオ・アレバロ 5.5点
 潰し屋としての役目は果たしたが、チームは結果を残せなかった。

FW 10 フォルラン 6.0点
 下がり目で、プレー。短いパスで攻撃のリズムを作る。またセットプレーでピンポイントクロスを何度も送った。

FW 11 クリスティアン・ストゥアニ 5.0点
 攻撃面では存在感が希薄。2失点目では、マークに対するよせがあまかった。

FW 21 エジソン・カバーニ 6.5点
 味方からよいパスをもらえることが少なかった。しかし、味方にチャンスメイクするシーンがあった他、PKをきっちりと決めた。

交代選手

MF 14 ニコラス・ロデイロ 6.0点
 ショートパスを繋ぎリズムを作るも、結果を残せず。

MF 20 アルバロ・ゴンサレス 5.5点
 いいクロスをいれるシーンもあったが、大きなインパクトを残すことなく終えた。

FW 8 アベル・エルナンデス 5.5点
 裏を狙い続けたが、合わず。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top