【W杯・試合採点】コロンビア対コートジボワール(グループC)

2014年06月20日(Fri)7時37分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

20140620_jamez_getty
ハメス・ロドリゲス【写真:Getty Images】

GK 1 ダビド・オスピナ 7点
 失点シーンは、ノーチャンス。しかし、試合終盤、ドログバの裏の抜け出しに反応し、ギリギリでクリア。非常に良い飛び出しだった。

DF 2 クリスティアン・サパタ 7点
 対人戦が非常に強く、スピードのあるジェルビーニョも、パワーのあるボニーよくおさえた。

DF 3 マリオ・ジェペス 7点
 周りのミスをよくカバー。スピードはないが、得意の深いタックルで、相手のボールを何度も奪った。

DF 7 パブロ・アルメロ 6.5点
 前半は守備に集中していたが、後半になると持ち味の攻め上がりを発揮し、右サイドの攻撃を活性化させた。

DF 18 ファン・スニガ 5.5点
 スピードのあるジェルビーニョをよくおさえていたが、失点のシーンでは、追加点で緩んだのか、守備が軽く、あっさり抜かれた。

MF 6 カルロス・サンチェス 6.5点
 最終ラインの前に君臨。パスコースを切り、ボニーを孤立させつつ、ヤヤ・トゥレを密着マークして、攻撃の起点も潰した。ただ、失点シーンでは。スニガをかわし、スピードにのったジェルビーニョをおさえられなかった。

MF 8 アベル・アギラール 6.5点
 組み立ての起点として、パスをちらす。守備でも、ハードワークした。

MF 10 ハメス・ロドリゲス 8.5点
 パスは精度が高く、キープ力もある。もちろん、簡単にはたくべきときは持ち過ぎないという判断も早く正確。常にボールにさわり、攻撃の舵をとった。先制点をマークし、追加点のシーンでは、ボールを奪いカウンターの起点に。完璧なパフォーマンス。圧倒的な存在感を発揮した。マン・オブ・ザ・マッチ。

MF 11 ファン・クアドラード 7点
 右サイドでは、スピードを活かしたドリブルで、違いを作り続けた。先制点をアシスト。

FW 9 テオフィロ・グティエレス 6.5点
 裏に抜け出しゴールを狙うが、得点はできず。ただし、2点目のシーンで、アシストを記録した。

FW 14 ビクトル・イバルボ 5.5点
 フィジカルの強さを活かしたプレーを得意とするが、この日は存在感なく途中交代の憂き目にあった。

交代選手

DF 4 サンティアゴ・アリアス 6点
 左サイドの守備で奮闘した。

MF 15 アレクサンデル・メヒア 6点
 ボールに触る機会は少なかったが、逃げ切りに貢献した。

MF 20 フアン・フェルナンド・キンテーロ 7.5点
 ドリブルで相手を脅かした。追加点を決め結果を残しただけではなく、超ロングシュートを狙うなど意外性も披露し、観客を湧かせた。

1 2 3

新着記事

↑top