【W杯・試合採点】ベルギー対アメリカ(ベスト16)

2014年07月02日(Wed)11時36分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

20140702_braine_getty

ケビン・デ・ブルイネ【写真:Getty Images】

GK 1 ティボー・クルトワ 6点
 素晴らしいセービングで、チームを救った。

DF 2 トビー・アルデルワイレルト 6.5点
 攻め上がりは多くないものの、守備はほぼ完璧だった。ファン・ブイテンの後ろのスペースをよくカバーした。

DF 4 ビンセント・コンパニ 7.5点
 危機察知能力が高く、何度も危険を未然に防いだ。

DF 5 ヤン・フェルトンヘン 6.5点
 積極的な攻め上がりでチームに貢献した。

DF 15 ダニエル・ファン・ブイテン 6.5点
 相変わらず、背後を突かれると弱いが、それ以外は安定した守備。

MF 6 アクセル・ビツェル 6.5点
 ボールを拾い続け、ペースをアメリカに渡さなかった。

MF 7 ケビン・デ・ブルイネ 7.5点
 大きな先制点をマークし、追加点をアシスト。常に、攻撃の起点となり、チャンスを演出し続け、結果も出した。マン・オブ・ザ・マッチ。

MF 8 マルアン・フェライニ 6点
 空中戦の強さは相変わらず強かったが、簡単なパスミスが多かった。

FW 10 エデン・アザール 6.5点
 相手の密着マークにあうものの、何度もドリブルで突破し、チャンスを演出した。

FW 14 ドリース・メルテンス 6.5点
 相手を突破し、いいクロスや惜しいシュートを放った。

FW 17 ディボック・オリギ 6.5点
 五分のボールでも高い身体能力を活かして、先に触り、決定的なパスやシュートまでもっていた。もし、ワンタッチプレーを少し増やせれば、もう一つ上のランクの選手になれるはずだ。

交代選手

FW 11 ケビン・ミララス 5.5点
 積極的なドリブルは魅力だが、そこまで効果的ではなかった。

FW 9 ロメル・ルカク 7点
 今大会、ここまでほぼ仕事をできていないルカクだったが、先制弾の起点になり、追加点を決めた。素晴らしいパフォーマンス。

MF 22 ナセル・シャドリ
 出場時間が短いため、評価不可。

【次ページ】アメリカ代表の採点

1 2 3

新着記事

↑top