明暗を分けた選手層。シュールレとゲッツェ、交代選手が試合を決めたドイツ。低調なパフォーマンスに終始したアルゼンチン

2014年07月14日(Mon)10時41分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

チーム、個人ともに真の王者に相応しかったドイツ

明暗を分けた選手層。シュールレとゲッツェ、交代選手が試合を決めたドイツ。低調なパフォーマンスに終始したアルゼンチン
個人スタッツを見てもFWトーマス・ミュラーが総走行距離84kmで全体トップ【写真:Getty Images】

 ただ、それでもやはりメッシのゴールデンボール選出は謎だ…。分かりやすい方法で言えば、FIFAも公認しているカストロールランキングトップのMFトニ・クロース、同3位のオランダ代表FWアリエン・ロッベンなど、他の候補者も考えられたはずだ。

 そして、全体的には5バックやカウンターが目立った大会の中で、ポゼッションを軸に中央からの崩しやショートカウンターなど様々な戦略を持って、ポルトガル、フランス、ブラジル、アルゼンチンといった並みいる強豪を撃破してきた。

 さらに、個人スタッツを見てもFWトーマス・ミュラーが総走行距離84kmで全体トップ。さらに、DFフィリップ・ラームがパス成功本数562本で全体トップと、ドイツはチーム・個人ともに真の王者に相応しいチームだった。

 それでも、バルセロナが敗れ、スペインが敗れたように今回のドイツ代表のようなチームを徹底的に分析し、打ち破るチームが出てくるのだろう。あるいはそれがドイツなのかもしれない。

 スポーツは、1つの種目であっても様々な戦略があり、それは時代ごとに移り変わるもの。そして、激闘の興奮や感動はいつの時代も変わらない。だからこそ100年経とうと人々の心を捉え続けるのだろう。

【了】

関連リンク

W杯ハイライト動画、全試合観るならこちら!
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
ペップの狂気 妥協なき理想主義が生むフットボールの究極形
サッカーアルゼンチン流 個人スキルバイブル

1 2 3

新着記事

↑top