浦和GK西川、7試合連続無失点記録樹立、連続無失点時間は単独2位。目指すは「クモ男」!

2014年07月25日(Fri)6時40分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

目指すは「クモ男」の愛称で人気だったシジマール

 次節に向けて浦和が狙うのは、当然Jリーグ新記録である8試合連続無失点記録であるが、ゴールマウスを守る西川周作個人の連続無失点時間記録にも注目が集まっている。現在、西川周作の連続無失点時間は通算630分。1998年に横浜フリューゲルスの楢崎正剛が記録していた627分を抜いて単独2位になったが、連続無失点時間に換算すると、実はまだ1位ではないのだ。

 現在までのトップは1993年に清水エスパルスのシジマールが記録した731分連続無失点記録だ。無失点試合は6試合だったが、当時のレギュレーションでは90分間同点の後に延長戦が行われていたため、6試合のうち3試合が延長戦に。その結果、無失点時間は通算731分となっているのである。もし次節鹿島アントラーズ戦に無失点でも、西川はこの記録にはおよばない。

 当時「クモ男」の愛称で人気だったシジマールの壁は、まだ高そうだ。

【了】

関連リンク

西川周作のジュニアサッカー時代だった頃
攻めて守れるGKに――自分の理想像を追い求めて
小島伸幸のサッカーゴールキーパーコーチング プロ技完全マスター編
GK(ゴールキーパー)の優劣は、ボールに触れない『89分間』で決まる
サッカー ゴールキーパーバイブル

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

1 2

新着記事

↑top