今年も各クラブが記念ユニフォームを発表。群馬のデザインはあの世界遺産

2014年07月26日(Sat)13時44分配信


Tags: , , , , , ,

今年も各クラブが記念ユニフォームを発表。群馬のデザインはあの世界遺産
ザスパクサツ群馬公式ホームページより

 夏を迎え、いくつかのクラブが記念ユニフォームを発表している。

 例えば川崎フロンターレは「川崎市制90周年記念ユニフォーム」、名古屋グランパスは「名古屋テレビ塔60周年記念ユニフォーム」を期間限定で着用して戦うという。

 そして新たにザスパクサツ群馬も記念ユニフォームを着用すると発表した。

 それが、「2014富岡製糸場世界遺産登録記念ユニフォーム」だ。

 6月に世界遺産に登録され、多くの関心を集めたのは記憶に新しい。

 クラブは公式HPで、デザインの特徴を以下のように説明している。

「2014年、群馬県にある日本で初めての官営の製糸工場「富岡製糸場」が世界遺産に認定された記念に、富岡製糸場を特徴とする繭倉庫(木骨煉瓦造)をイメージしたデザインになっております」

 今月25日から販売が開始されており、9月には記念ユニフォームを着用してリーグ戦3試合を戦うことになっている。

【了】

関連リンク

地域スポーツクラブの“法人格”を取得しよう!
ワンランク上のJリーグ観戦術
クラブ選手に聞く サポーターの声援は選手に届いているか?

新着記事

↑top