日本に思わぬ“難敵”。アジア杯イラク戦はピッチが劣悪? 不満漏らす豪州選手も

2015年01月15日(Thu)6時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

日本に思わぬ“難敵”。アジア杯イラク戦はピッチが劣悪? 不満漏らす豪州選手も

ブリスベンのサンコープ・スタジアム【写真:Getty Images】

 日本代表は16日にオーストラリア・ブリスベンでイラク代表と対戦する。アジアカップ・グループステージ突破をかけた大事な試合で思わぬ敵がアギーレジャパンの前に立ちはだかるかもしれない。

 それは試合会場となるブリスベンのスタジアム。実は、ピッチコンディションがあまり良くない。亜熱帯に位置し、雨の多い地域であることも理由に挙げられる。

 13日、シドニーでオマーンを下したオーストラリア。試合後、同国のトミー・オアーはこのスタジアムについて質問がおよぶと、「かなり酷い。注意を払う必要がある」と回答。同選手はかつてこのスタジアムを本拠地とするブリスベン・ロアーに在籍していた。

 オーストラリアはアンジ・ポスタコグルー監督が就任して以降、ショートパスでつなぐスタイルも取り入れている。グループステージ第3戦はブリスベンで戦うため、ピッチコンディションは気になるところだったのだろう。

 同スタジアムでは14日に中国対ウズベキスタンが行われたが、グラウンダーのパスはスピードが殺され、ロングボールはバウンドが伸びる印象だった。芝がはげている場所もいくつかあった。

 2試合続けてブリスベンで試合を行った中国のアラン・ペレン監督は「前回よりピッチコンディションは良くなっているか?」との質問に「別に。全く変わっていない」と素っ気なく回答。満足していない様子だった。

 ただ、“劣悪”とは言い切れない要素もある。ピッチに最も近い位置にいるカメラマンによれば、「日本のよりも芝が太い印象。水はけは非常に優れている。そのためではないか」と語る。突然の雨でも水たまりができる事態は避けられそうだ。

 果たしてこのピッチコンディションは、日本にとって吉と出るのか、凶と出るのか。得意のショートパスでのパスワークが制限されてしまう可能性は限りなく高い。グループ最大の難敵・イラクを前に思わぬ敵にも対処しなくてはならなくなった。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

新着記事

FChan TV

↑top