イジャラメンディ、ミランとインテルが狙うもビルバオへ“禁断の移籍”か

2015年01月21日(Wed)11時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

20150121_ijara_getty
アシエル・イジャラメンディ【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーのMFアシエル・イジャラメンディに対して、ミランやインテルが今冬のレンタル獲得を狙っている。しかし、マドリーはどちらにも売る意向は無く、あるとしたら2500万ユーロ(約35億円)のオファーを提示しているアスレティック・ビルバオだという。スペイン紙『マルカ』が21日に伝えている。

 マドリーは、同選手の獲得に3800万ユーロ(約49億円)も支払ったこともあって更に粘り、移籍金を上げようとしている模様。また、同紙によれば最終的に退団した場合、後釜は交渉がストップしたクルゼイロ(ブラジル)の若手有望MFルカス・シウバだと言う。

 2012-2013シーズンにレアル・ソシエダを4位に導き、U-21スペイン代表で活躍したイジャラメンディはマドリーで居場所が見つからず、今季は21試合中8試合しかスタメンとしてプレーしていない。

 また、ソシエダのカンテラで育った選手が宿敵ビルバオに渡った場合、バルサからマドリーに加入したルイス・フィーゴ氏同様、禁断の移籍となる。クラブ愛を裏切ってでもやはりイジャラメンディは、出場機会が得られるチームに行くことを選ぶのか。

 なおこの『マルカ』の記事の著者は、昨年クロースとK・ナバスの獲得やD・ロペスの退団をスクープしたカルロス・カルピオ副編集長であり、情報の信憑性は高い。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

新着記事

↑top