長谷部、中2日にも前向き「みんなでポジティブにやろうよと言っていた」

2015年01月22日(Thu)23時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20150122_hasebe_getty
MF長谷部誠【写真:Getty Images】

 アジア杯を戦う日本代表は22日、準々決勝UAE戦に向けた前日練習を行った。

 主将としてチームをけん引するMF長谷部誠は、グループD最終節ヨルダン戦からわずか中2日での試合について「トレーニングも落としているし、できる限りのリカバリーもケアも、限られた時間のなかで最善のことはしている」と前向きに語った。

 とはいえ、チームはここまで3試合連続で同じメンバーが先発していることもあって疲労の蓄積が心配される。特に、長谷部はアンカーという負荷の強いポジションで3試合全てフル出場している。

 それでも、「個人的には死闘を繰り広げて突破したわけじゃなくて、どちらかと言うと余裕を持てていた。そういう意味ではそんなに疲れたという感じはない」と問題ないことを強調。

 さらに、「監督も言っていたけど、頭で『準備期間が短いから疲れている』と思うと体も反応してくると思う」と強いメンタルを持つことの大切さを述べ、「試合が終わった後もみんなでポジティブにやろうよと言っていた。そういう心構えも大事」と、チームにも前向きな空気が流れていることを明かした。

 そして、連覇へ向けては「一発勝負では小さなミスも命取りになる。これからの相手はそういうところを突いてくると思うし、今までは失点ゼロできているけど、もう一度そういう意識を持つことが大事」と、改めて気を引き締めた。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー監督の生きる道
教訓 ザッケローニからアギーレへ
サッカーを『知らない』日本人

新着記事

↑top