類を見ないポルトガル人監督によるCL。勝ち残った“マディラの真珠”は富豪の舌を唸らせるか

6名のポルトガル人監督が決勝トーナメント進出をかけて争った今シーズンのチャンピオンズリーグ(以下、CL)のグループステージ。熾烈な争いを勝ち抜けたのは、モナコの若手監督レオナルド・ジャルディンだった。今月から始まる決勝トーナメントでは“バトルロワイアル”の蚊帳の外に置かれた2者が激突する。

2015年02月12日(Thu)10時51分配信

text by 齋藤祐太 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

2つのグループに5人のポルトガル人監督

類を見ないポルトガル人監督によるCL。勝ち残った“マディラの真珠”は富豪の舌を唸らせるか
モナコのレオナルド・ジャルディン監督【写真:Getty Images】

「ポルトガル人監督によるバトルロワイアル」

 2014-15シーズンのCLグループステージを一言で表すとしたら、筆者にとって最も適切な言葉だ。昨シーズンの9名に比べ見劣りはするものの、今シーズンも6名ものポルトガル人監督がCLの舞台で躍動した。

 グループGは、新旧ポルトガル人監督による覇権を巡る一騎打ちであった。

 ポルトガル人監督というブランドを確立した、同国監督のパイオニア的存在であるチェルシーのジョゼ・モウリーニョ。世界一の名将の地位を獲得したこのレジェンドに挑んだのが、母国で「ネクスト・モウリーニョ」と期待される、スポルティングの若き指揮官マルコ・シウバであった。

 グループCは、4チームのうち3チームの指揮官がポルトガル人という珍しい組み合わせとなった。ゼニトを率いるアンドレ・ビラス・ボアス、ベンフィカのジョルジ・ジェズス、そして今シーズンよりモナコの新監督に就任したレオナルド・ジャルディンの3名が、2枠の決勝トーナメント進出権を巡って争った。

 なんと2つのグループで5人のポルトガル人監督が激突したのである。その上、1つのグループには3人ものポルトガル人監督が同居した。偶然にも、その3者それぞれが、ポルト、ベンフィカ、スポルティングという国内屈指のライバルチームの指導歴を持つのは、神様の悪戯とでも言えようか。類を見ない稀な組み合わせに、ポルトガル国民は胸を躍らせた。

1 2 3 4 5 6

新着記事

FChan TV

↑top