欧州4大リーグ、オプタ番付。1アシストの岡崎が日本勢3位に浮上。データでわかるワールドクラスのFWの凄さとは

2015年05月22日(Fri)8時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

欧州4大リーグ、オプタ番付。1アシストの岡崎が日本勢3位に浮上。データでわかるワールドクラスのFWの凄さとは
長谷部誠【写真:Getty Images】

 スポーツデータ会社『オプタ』が20日、欧州4大リーグ(スペイン=37節、イングランド=37節、ドイツ=33節、イタリア=36節)に所属する選手のパフォーマンスデータを更新し、16日にホームでケルンを2-0で破り、フル出場で先制点をアシストしたマインツの日本代表FW岡崎慎司が日本勢3位に浮上した。日本勢首位は総合89位のMF長谷部誠(日本代表/フランクフルト)が保持している。

 岡崎と同じFWでトップ5に立つのは、リオネル・メッシ(アルゼンチン代表/バルセロナ)、クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表/レアル・マドリード)、アレクシス・サンチェス(チリ代表/アーセナル)、ネイマール(ブラジル代表/バルセロナ)、アリエン・ロッベン(オランダ代表/バイエルン・ミュンヘン)で、いずれの選手もゴールとアシスト数が突出しているほか、ドリブルとクロスの成功数、枠内シュート数、こぼれ球収集数が秀でている。

 3212選手中、800位以内に入っている日本人の番付は以下の通り。

1.MF長谷部誠(フランクフルト/78位→89位)

2.MF清武弘嗣(ハノーファー/188位→195位)

3.FW岡崎慎司(マインツ/449位→388位)

4.MF本田圭佑(ACミラン/389位→408位)

5.FW原口元気(ヘルタ/642位→636位)

6.DF吉田麻也(サウサンプトン/672位→676位)

 欧州総合トップ3は前述のメッシとロナウド、そしてMFエデン・アザール(ベルギー代表/チェルシー)が続き、変動はなかった。

 なお、スペイン、イングランド、ドイツのリーグ戦は今週末、イタリアは来週末に最終節を迎える。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top