【英国人の視点】ガンバ、吹田でなぜ苦戦? 新スタでわずか1勝、“ホーム”に顕在するピッチ上の問題

ガンバ大阪が新スタジアムで苦戦している。サッカー専用の素晴らしいスタジアムであることに間違いないが、わずか1勝と波に乗れない。自分たちの本拠地で勝てない理由とは何か? スタジアムに一家言を持つ英国人は“ホーム”に何を思うのか。(取材・文:ショーン・キャロル)

2016年04月29日(Fri)7時01分配信

text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , , ,

新スタジアムでわずか1勝。芝も改善したが……

長谷川健太
長谷川健太監督【写真:Getty Images】

 ガンバ大阪の待望の新本拠地移転は、クラブの発展を次なる段階へと導くものだと見られていた。だが、老朽化した万博記念競技場を離れて4分の3マイル(約1.2km)移動し、新設の市立吹田サッカースタジアムに移って以来、チームはその姿を見失ってしまっている。

 昨年のガンバは、リーグ戦のホームゲームでわずか1敗のみ。最終的に王者となるサンフレッチェ広島に、11月の万博で0-2の敗戦を喫しただけだった。だが今季は新天地でわずか一度しか勝利を味わっておらず、ここ4試合の連敗も含めて吹田での7試合で早くも5敗している。

 この結果、チームはリーグ中位を漂っており、ステージ首位に立つ浦和レッズとは勝ち点で7ポイント差。昨年は準決勝進出を果たし、今回こそは絶対に優勝したかったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではすでに敗退に終わってしまった。

「ホームで勝てていないということは、勢いに乗れないということ。チャンスは作っているが決めることができない」と長谷川健太監督は、先日の柏レイソル戦に0-1の敗戦を喫したあと話していた。

 長谷川監督はさらに、ガンバの不調を修正するべく、ごく小さな部分にまで気を遣いながら多大な努力を払っていることを強調した。

「今日は芝を少し短めにカットし、ピッチにスプリンクラーを撒く時間も半分にした。ピッチが滑りやすいと選手たちが言っていたからだ」

「今の状況を乗り越えるためあらゆる手段を試そうとしている。もちろん選手たちは、この素晴らしいスタジアムのファンの前で勝ちたいと思っているが、何が問題なのか分からない。今は試合に気持ちを入れることができても、結果がそれに付いて来ない」

「変えられるのは自分たちしかいない。次の水原戦で勝てるように、体と心をリフレッシュすることに専念したい」

 だが、その後の5日間に行ったことも功を奏しはしなかった。水原戦もまた黒星に終わり、ガンバはACL敗退が決まった。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top