浦和・李忠成が示した真骨頂。興梠不在時の2ゴール。生粋のストライカーとしての矜持

2016年07月28日(Thu)11時29分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

「『フォワード・李忠成』を見せていきたい」

 李忠成は一気にスピードを落としてバックステップを踏み、慌てて仕掛けてきたファン・ソッコのスライディングタックルを空振りさせた。目の前には自分が使える自由なスペースが広がっていた。

「(柏木)陽介がボールをもった瞬間に、自分の前にスペースを作った時点で勝負があったかなと。陽介も右足で上手くそのスペースへ流し込んでくれたし、自分は丁寧に右足を合わせるだけだったので。右足で取ることがそんなに多くないので、自分にとっては嬉しいゴールですね」

 レフティーの柏木が右足で送ったクロスを、同じくレフティーの李忠成が右足のインサイドキックで確実に仕留める。GK曽ヶ端は右ひざをピッチにつけたまま、同点弾を見送るしかなかった。

 意気消沈しかけていたチームを蘇生させ、逆転への呼び水となったゴールを、李忠成はかつてレッズで活躍したブラジル人ストライカーを引き合いに出しながら自画自賛する。

「あのまま突っ込むとスペースがなくなってしまうけど、一度スピードを落として、相手をブロックすることでスペースを作れる。ワシントンがああいう形で決めるのが上手かったですよね。ボールを受ける前の動きというものを、僕はいつも意識している。

 裏へ抜けたり、足元でもらったり、横へ動いたり、あるいは味方のためにスペースも空ける。パスの出し手がすごく迷ってしまうこともあると思うけど、その意味でも慎三やズラタンとはまた違ったタイプのフォワードなので。これからもっと、もっと『フォワード・李忠成』というものを見せていきたい」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top