ドルト、レアル相手に実力証明。ベスト布陣で真っ向勝負。香川は序列下がりベンチ外に

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節、レアル・マドリーをホームに迎えたドルトムントは、昨季王者を相手に真正面から立ち向かった。勝利こそ逃したものの2-2で引き分け、その「実力」を示したと言えそうだ。香川真司はベンチ外となったが、これは純粋に序列の問題と考えられる。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

2016年09月28日(Wed)11時43分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

現時点でのベストをぶつけたドルトムント

ピエール=エメリク・オーバメヤン
ドルトムントのFWオーバメヤン【写真:Getty Images】

“実力”を証明した。2016年9月27日のチャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節、ドルトムントはホームにレアル・マドリーを迎える。

 レアル戦をドルトムントは[4-1-4-1]でスタートする。

【GK】ビュルキ
【DF】右SBピシュチェク、右CBソクラティス、左CBギンター、左SBシュメルツァー
【MF】ボランチにヴァイグル、右SHデンベレ、左SHゲレイロ、右インサイドハーフにカストロ、左インサイドハーフにゲッツェ
【FW】オーバメヤン

 香川真司はベンチ外となった。

 レアルに対して監督トゥヘルは、現時点におけるドルトムントのベストをぶつけた。奇策に出ることもなければ、[5-3-2]といった超守備的布陣を敷くこともない。今季これまで培ってきたもので、真正面から“エル・ブランコ”に挑んだ。

 一方でレアルの監督ジダンはドルトムント対策を練ってきたようである。ボランチのヴァイグルを中心としたビルドアップを封じるために、ほぼマンツーマンで守備を敷いてきた。ソクラティスとギンターの両CBにはベイルとロナウドが、ヴァイグルにはハメスが当たる。ゲッツェとカストロの両インサイドハーフにはモドリッチとクロースがマークする、といった具合だ。

 しかし、決してレアルは受け身に回ったわけではない。守備で主導権を握った。ボールを持たずとも試合をコントロールすることは可能だ。そうしてドルトムントは序盤の攻勢を凌がれると、17分、ロナウドに先制を許した。モドリッチが大きく左にサイドチェンジして、レアルはダイナミックなカウンターに出る。最後はハメス、ベイル、ロナウドの3人にペナルティエリアの右を崩された。1-0。

1 2 3

新着記事

↑top