磐田の中村俊輔は名波ジュビロに何をもたらすか。元日本代表10番2人のカリスマ性

2017年01月14日(Sat)11時19分配信

text by 青木務 photo Tsutomu Aoki, Getty Images
Tags: , , , , , , ,

俊輔加入に心躍る若手選手たち

「自分にできることがたくさん、このクラブにはあると思っている」

 中村俊輔はこうも述べているが、「たくさん」あるうちの一つが、若手の成長の手助けだ。

 磐田では全体練習後、居残り練習が始まる。特に若手を中心としたグループは、引き揚げてくる気配がしばらく感じられないほど熱心に取り組んでいる。そこに彼が加われば、他の選手はこのレフティーから何かを学ぼう、盗もうと血眼になるはずだ。

「マリノスでもやっていたけど、若いFWを捕まえて『こういうトラップをした方がいいよ』と言って、パスを出して一緒に練習したりできると思う」と語っているように、自身がそういう面々に対してオープンで、課題の克服や長所を伸ばすための個人トレーニングの重要性を知っている。

「自分がボランチで、俊輔選手がトップ下でやってみたいなとは思う」

 昨シーズン終了後、川辺駿はそう口にした。当時は引き続き磐田でプレーするのか、期限付き移籍を終えてサンフレッチェ広島に戻るのか、それとも他に選択肢があるのか、決まっていない時期だった。あくまで一人のサッカー選手という立場で、純粋に中村俊輔とプレーしてみたいと感じていた。

 大卒1年目を終えた荒木大吾は「例えば僕がサイドからしっかり動き出せば、間違いなくいいパスが来ますよね。そのボールを受けてみたいと思うし、同じチームでやれるならすごく楽しみ」と話していた。彼もまた、笑っていた。

 あの中村俊輔がやって来るかもしれない、一緒にプレーできるかもしれない――。そう思った時、心が踊らないはずがなかった。

1 2 3 4

今、あなたにオススメ
Recommended by

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top