モウリーニョはブリントをアンカーで起用せよ! 36歳キャリック不在時の解決策【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

今季のプレミアリーグでは優勝争いから後退気味のマンチェスター・ユナイテッド。上位浮上のカギを握るのは、出場すれば無敗というデータを持つマイケル・キャリックとなりそうだ。しかし、ユナイテッドが世界に誇るベテランMFも36歳。過密日程の中で起用し続けることは酷である。ジョゼ・モウリーニョ監督は、今こそデイリー・ブリントをアンカーで起用すべきだ。(文:粕谷秀樹)

2017年01月25日(Wed)10時42分配信

シリーズ:粕谷秀樹のプレミア一刀両断
text by 粕谷秀樹 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ユナイテッドにはやはりキャリックが不可欠。出場なら今季はリーグ無敗

キャリック
ユナイテッド浮上のカギを握る36歳のマイケル・キャリック【写真:Getty Images】

「I’m sure you can do it」(おまえができるってことは分かっている)

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、こういってマルワヌ・フェライニを叱咤激励したという。度重なるミスにも我慢を重ね、チャンスを与えつづけてくれるボスのために、アフロマンは懸命だ。アンデル・エレーラの運動量と敢闘精神はだれもが高く評価するところであり、ポール・ポグバの才能に疑いの余地はない。プレミアリーグのリズムによりフィットすることが予想される終盤戦は、世界屈指のポテンシャルを発揮するに違いない。

 しかし、フェライニは無駄なファウルが多く、自陣深めのプレーはあまりにリスキーだ。エレーラとポグバは時おり持ち場を留守にする。帰陣が遅く、センターバックが数的不利になるケースも少なくはない。

 やはり、マイケル・キャリックが必要だ。

 1月22日現在、彼が出場した公式戦は14勝4分。そう、負けていないのである。一方、不出場だった場合は7勝4分5敗。データでも明確すぎるまでに立証されていた。パスセンスと状況判断に長けたキャリックがアンカーに入ることによって、エレーラとポグバは後顧の憂いなく攻撃に参加でき、ズラタン・イブラヒモビッチへの楔、両サイドへの角度、スピードとも絶妙のフィードなど、まさに司令塔として必要不可欠の存在だ。

1 2 3

新着記事

↑top