安田理大が明かす、韓国2部移籍の真相。体感したJリーグとの違い「日本人選手は少し甘い」

名古屋グランパスを契約満了により退団した元日本代表DF安田理大。その去就に注目が集まったが、新天地に選んだのは韓国2部の釜山アイパークだった。Jリーグでは数々のクラブを渡り歩き、オランダでのプレー経験もある安田が、なぜ韓国2部のクラブを選んだのだろうか? その背景、そして日本と韓国の違いについて感じたことを語ってくれた。(取材・文:キム・ドンヒョン【韓国】)

2017年03月08日(Wed)9時58分配信

text by キム・ドンヒョン photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

韓国2部へ移籍した安田理大。その理由とは?

安田理大
名古屋グランパスを退団して韓国2部の釜山アイパークに加入した安田理大【写真:Getty Images】

 2017年2月末日。韓国第2の都市である釜山を訪れた。ソウルからはおよそ450kmほど離れており、車ではおよそ5時間くらいかかるこの大都市は、福岡や大阪からフェリーで移動することが可能だ。そのため、多くの日本人観光客が訪れる都市でもある。

 しかし今日は観光が目的ではない。Kリーグというドアをノックしてきた新たな日本人選手に会うためだ。その主人公とは元日本代表サイドバック、安田理大である。

 ユース時代から各世代代表に選出されるなどエリートコースを歩み、G大阪、フィッテセ(オランダ)、サガン鳥栖、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスといったクラブを渡り歩いた彼が選択したのは、意外にもKリーグチャレンジ(2部相当)の釜山アイパークだった。その理由を直撃するため、釜山を訪れたのだ。

 だが、思わぬアクシデントが起きた。クラブの事情により、対面インタビューが急にキャンセルされたのだ。そこで急きょクラブからの了承を得て、電話でのインタビューを行った。

――安田理大といえば日本でも屈指のサイドバックでした。韓国、それも実質2部の釜山アイパークを選んだ理由やここに来るまでの流れを教えていただけませんか?

安田理大(以下、安田):まず名古屋との契約が1月に満了して、フリーで契約ができる状況にありました。正直なところをいうと、ACLに出場できるクラブにプライオリティを置いていました。実際、ACLに出場できるクラブとも交渉を進めていたんですけど、契約まで待たなければいけない状況の中で、チームをいち早く決めなければいけませんでした。

 ちょうどその時に釜山からオファーが届いて、コンディションを上げたいという気持ちで韓国に行きました。自分が全く知らない環境で、自分を初心に戻したいと思ったんです。調子を落としてきたのも確かにあるので、Kリーグチャレンジで調子を戻したいというのもありました。

1 2 3 4

新着記事

↑top