鳥栖加入の日伊ハーフGKファンティーニ燦。イタリア育ちの18歳守護神が描く将来像【インタビュー】

2017年04月05日(Wed)10時30分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images, Wataru Funaki
Tags: , , , , , , , , , ,

日本とイタリア、どちらの国籍を選ぶか…東京五輪への思い

ファンティーニ燦
ファンティーニ燦はチェゼーナU-19の練習後にインタビューに応じてくれた【写真:舩木渉】

――FC東京で練習をして日本とイタリアの違いを実感したと思いますが、コーチングの他にイタリアのGKに要求される重要なプレーはありますか?

 他の国のGKと比べたとき、特にイタリアのGKは自分からボールを探しにいきます。ボールを待つのではなくて、自分からアタックしにいく。よく体を大きく開いて前に出ることがありますよね。そういうのはイタリアのコーチは教えません。

 コーチのアイディアとしては「体を開いているとボールが当たるだけ」なので、ボールを待っているだけで自分からアクションを起こしているわけではないということになります。どちらかというと、そういう場面では頭から、腕から突っ込んでいきます。自分からボールを探しにいくイメージです。そこで他の国のGKの違いが出てくると思います。

――ハーフのファンティーニ選手にとって、将来的に国籍の選択は自分のアイデンティティにつながることで難しい選択になると思います。現時点で日本とイタリア、代表に入るならどちらがいいと考えていますか?

 日本代表になりたい、イタリア代表になりたいという思いはどちらも50%ずつくらいですね。もし将来的にイタリアやヨーロッパでサッカーをしたければ、日本国籍よりも有利なのでイタリア国籍をとります。あと数年でオリンピックがあるので、東京五輪に出たいという思いが強くなってきたら日本代表を選びます。

――アピールしだいでは日本代表に入れる可能性も十分にあると思いますが、やはり3年後の東京五輪を意識することはありますか?

 最近は少しずつオリンピックに出たいと思うようになってきました。みんなができる経験ではないし、東京というのもあって、もし出られるならばその可能性を生かしたい。けど、イタリアにいると日本から見にくる人がほとんどいないので、代表に入ることを意識するなら日本に帰ることも考えていないわけではないですね。

1 2 3 4 5

新着記事

FChan TV

↑top