横浜F消滅で人生を狂わされた男。天皇杯優勝を喜びきれなかったJrユース指導者【フリューゲルスの悲劇:20年目の真実】

2017年04月28日(Fri)10時29分配信

シリーズ:フリューゲルスの悲劇:20年目の真実
text by 宇都宮徹壱 photo Tetsuichi Utsunomiya, Getty Images
Tags: , , , , , ,

なぜフリューゲルスだけが消滅してしまったのか

 その間に横浜FCの奥寺さん(康彦=当時GM)にも会いに行きましたね。奥寺さんとは、ギリギリ代表で一緒だった時期があったので、いちおう面識はあったんです。

 フリューゲルスが消滅して新たに生まれたクラブだったし、僕にできることがあればと思ってお話させていただいたんです。そしたら奥寺さんから「前田くんはフリューゲルスの色が付きすぎているから」って言われましたね。要するに横浜FCというクラブは、フリューゲルスとは関係ないところでやっていく、ということですよ。

 でも「色が付きすぎている」わりには、メディアがフリューゲルスを取り上げる時、僕には声がかからないんですよね(苦笑)。損な役回りだなと。でもそれ以上に、フリューゲルス自体がものすごく損な役回りだったと思うんですよ。

「チームが消滅する、最後の最後まで戦い抜いた」ということで、今でもフリューゲルスの天皇杯優勝は美談として語られていますよね。でも僕自身は「それって違うんじゃないか」って思うんですよ。

(メインスポンサーである)佐藤工業が撤退を決めて、全日空が一社では支えきれないとなったときに、なぜそこですぐお手上げ状態になってしまったのか。新しいパートナーを探すとか、あるいは全日空だけでも支えられるような規模にダウンサイズするとか、なぜそういう判断ができなかったのか。

 エスパルスだってヴェルディだってベルマーレだって、親会社が撤退してもクラブは生き残りましたよね。なぜフリューゲルスだけが消滅してしまったのか、いまだに僕は納得できていません。

1 2 3 4 5

新着記事

FChan TV

↑top