【英国人の視点】浦和・森脇の暴言騒動、処分確定も深めるべき議論。レオ・シルバ「言葉の暴力も根絶を」

2017年05月11日(Thu)11時16分配信

text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

軽率で、攻撃的で、子供っぽい振る舞い自体がひとつの問題

 出場停止処分を下され、行為のもたらした影響について謝罪した森脇だが、自身のスタンスを変えてはいない。総合的に考慮すれば、彼の言葉は受け入れるに値するものだ。

「人生の中では色々なことが起こります」とレオ・シルバは、試合後にこの一件について話していた。

「試合の中で、熱くなっている時には、あらゆるものが現れてくる。試合の中でのそういったものを受け入れるというのが私の性格です。日本でのプレーも長いですので、日本の人々が本当にそういうことをするわけではないと分かっています。そう考えた上で落ち着いて対応することができます」

 森脇の言葉に何らかの意図が込められていたとすればそれが何だったのか、本当に知っているのは彼本人だけだ。軽率に、攻撃的に、そして彼自身も認めているように子供っぽく状況に対処してしまったというのが、おそらくは最も妥当な説明だろう。

 だが、それ自体もひとつの問題だ。自分たちの振る舞いが、他の誰かを傷つけるものとして受け止められる可能性があるというのは、誰もが肝に銘じて尊重しなければならないことだ。

1 2 3 4

新着記事

↑top