レアルが迎えた黄金時代。ここ4季で3度目のCL制覇。モドリッチ&クロースという生命線【西部の戦術アナライズ】

現地時間6月3日、16/17シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦が行われ、レアル・マドリーがユベントスに4-1で勝利した。堅守を誇るユーベ相手に4得点を奪った白い巨人。ここ4季で3度目のCL制覇と、まさに黄金時代を迎えていると言えそうだ。(文:西部謙司)

2017年06月05日(Mon)11時51分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

どちらかが攻め始めると、しばらくその状態が続く展開

16/17シーズンのUEFAチャンピオンズリーグを制したレアル・マドリー
16/17シーズンのUEFAチャンピオンズリーグを制したレアル・マドリー【写真:Getty Images】

 完成度の高い両チームの激突は、意外にもレアル・マドリーの圧勝に終わった。

 ただし、試合内容はさほど一方的ではない。少なくとも前半は互角だった。興味深いのは、どちらかが攻め始めるとしばらくその状態が続いていたことだ。奪えないのだ。しばらくどちらかが押し込む時間帯があり、それが過ぎると攻守交代という展開だった。

 10分をすぎたあたりからレアルがボールを支配した。ユベントスは立ち上がりこそハイプレスを仕掛けていたが、いったん引いている。自陣でボールを奪っても無理な速攻はやらなかった。

 どちらもオールマイティなチームである。ハイプレスも引いて守ることもできて、速攻も遅攻もできる。唯一、ユベントスの懸念はレアルの速攻だったはずだ。DFのスピードがレアルのFWに対抗できないからだ。そこで、ユベントスの守備は裏のスペースを空けないことがポイントになる。また、無理に速攻を仕掛けて戦列が伸びてしまうのも避けたかった。

 ところが、ユベントスはレアルにカウンターを食らって20分に先制点を許している。

 ハイプレスでボールを奪い、ディバラとダニエル・アウベスのコンビで攻め込んだが逆に奪われる。レアルは自陣深くからパスをつなぎ、中盤で受けたクロースが1人かわしてドリブルで運ぶ。このクロースの持ち出しによって、一気に攻撃のギアが入っている。

 クロースはベンゼマへつなぎ、ベンゼマから逆サイドのロナウドへ。後方からロナウドを追い越したカルバハルへつながれたボールは、ダイレクトでロナウドへ戻ってきた。ロナウドは、自分とカルバハルの2人を1人で守らなければならなかったキエッリーニの視野からそっと消え、カルバハルからのラストパスを待っていた。

 注文どおりのカルバハルのパスを冷静に決めるロナウド。レアルの攻め込みは高速カウンターというほどではないが、ユベントスは最後まで受け身の状態だった。

1 2 3

新着記事

↑top