【倉敷&玉乃の眼】バルサ、サイクルの終焉。顕著だったMSN依存【16/17シーズン総括】

2017年07月14日(Fri)10時20分配信

シリーズ:16/17欧州主要クラブシーズン査定
text by 編集部 photo Getty Images, Natsuki Nakazawa
Tags: , , , , , , , , , ,

「スアレスならもう一度噛みつくくらいのことをしないと(笑)」(倉敷)

バルサ
(バルセロナの16/17シーズン基本フォーメーション)

ーーメッシとネイマールがかろうじてチームを引っ張っていた。

倉敷 昨季のスアレスは何もしなかったですね。彼ならもう一度噛みつくくらいのことをしないと(笑)

玉乃 もう一度くらい噛んでほしいですよね。ソフトに。

倉敷 でもキエッリーニと対戦したときに、また噛むだろうというオッズがそんなに高くなかったという。みんなまだ疑っているってすごいですよね。「あいつはまた噛む」と思われている。悪気があって噛んでいるわけじゃなくて、目の前にあればすなわち噛むという人ですから。本能的なものですよ。また嚙むと思いますけどね、噛んだほうがいいね。

玉乃 爪を噛むのと一緒ですよね。緊張していたら、それはやめられないじゃないですか。まあそれと一緒ですかね。引退後でもまた時は来ますよ(笑)

倉敷 最後はすごい人を嚙んでしまうかもね。とびっきりの人を噛んでほしい。ローマ法王とか。20試合のサスペンションとか食らいそうですけど(笑)

ーー新シーズンはエルネスト・バルベルデ監督が就任します。新たな監督にはどんなことを期待しますか?

玉乃 全く見えないですね。バルサに適応するような試合を昨季のビルバオがしていたかと言われると…。

倉敷 ビルバオは最終的にヨーロッパのカップ戦出場権を逃しましたよね。消去法で決まった監督というのは残念ですけども、まだどうなるかわからないですからね。ルイス・エンリケだってバルサに来る前どれだけ期待されていたか。ローマやセルタで何をしたのかというところからスタートして、元バルサの選手というだけの監督じゃないのかと、特に海外では彼への評価がかなり低かった状態でした。

 ティト・ビラノバが亡くなって、ヘラルド・マルティーノがメッシだけを大事にするサッカーをしてしまって物足りない状況の中でルイス・エンリケが選ばれたけれども、ただ彼は持っていたんです。ファン・カルロス・ウンスエという参謀役がいました。

 かつてペップにティトがいたように、最近のサッカーはアシスタントコーチ抜きには語ることができない。マドリーにしたってフィジカルコーチとアシスタントコーチの存在がジダンをどれだけ支えていたかは、これから検証されるべきことだと思います。バルベルデが誰と一緒にやるのか恐らく決まってるとは思いますが、アシスタントコーチも含めたセットで何をやっていくのかが、見てみたいですね。

(解説:倉敷保雄、玉乃淳/構成:フットボールチャンネル編集部)

【了】

1 2 3 4 5 6

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top

        プッシュ通知で最新情報をお届けします

        通知許可ポップが表示されたら
        許可ボタンを押してください

        • 後で
        • 最新情報を受け取る