齋藤学、「不安」からの解放。出場24戦目の今季初ゴール、横浜FM「10番」・主将の反撃

2017年09月19日(Tue)15時42分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

これまで今季ノーゴール。「内心では不安と戦う日々だった」

 思い出されるのは2月25日の開幕戦。先制点と決勝点を齋藤にアシストされ、2‐3の逆転負けを喫した浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ前監督は、試合後にこんな言葉を残している。

「マリノスに負けたというより、齋藤学選手に負けました」

 左サイドを主戦場として、相手が間合いを詰めれば高速ドリブルで置き去りにして、距離を取れば味方へのパスを含めて変幻自在な攻撃を仕掛ける。開幕直後は文字通り“無双”の存在だった。

 ゴールも時間の問題と誰もが思った。しかし、14戦連続無敗で上位に顔を出した夏場もゴールだけは遠かった。PKを止められた末に引き分けた、7月29日の清水エスパルス戦では思わず天を仰いだ。

「あまり携帯を触っていないんですよ」

 胸中に秘めてきた思いを、齋藤はレイソル戦後にふと漏らしている。携帯を開いてニュースなどを見れば「齋藤、依然としてノーゴール」などといった見出しが飛び込んでくるからだと自嘲気味に笑った。

「今年ノーゴールのままだったらどうしよう、という思いも少なからずあった。内心では不安と戦う日々だったし、今日のゴールよりも簡単なシュートがいままで何本もあった。これで解決するわけじゃないけれども、ここから乗っていけるかどうかは僕にかかっていると思うので」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top