【U17W杯レビュー】日本、初心に帰ったイングランド戦。森山ジャパンの集大成で突きつけられた育成の課題

U-17W杯の決勝トーナメント1回戦、日本は17日にイングランドと対戦した。結果はPK戦の末にベスト16敗退。それでも日本の選手たちは最後まで諦めずに戦い、世界の強豪相手にも通用する力があることを示した。一方で課題も多く出た大会となったのは事実。結果以上に有意義なものが得られた大会となった。(取材・文:舩木渉【コルカタ】)

2017年10月18日(Wed)14時07分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

U-17日本代表、W杯ベスト8進出ならず

菅原
U-17日本代表の守備を支えた菅原由勢【写真:Getty Images】

 いつも淡々としている久保建英ですら、言葉に詰まった。それほどあの1試合にかける思いは強く、力を出し切ったということだろう。

 17日に行われたU-17W杯の決勝トーナメント1回戦。日本は大会屈指のタレント集団にして優勝候補のイングランドと激突した。結果は90分で0-0、PK戦で3-5。ギリギリまで追い詰めながら、あと一歩及ばなかった。

 グループステージを3連勝、全試合3得点以上という圧倒的な強さで勝ち上がってきたイングランドは、ヨーロッパでも黄金世代と評価の高いチームだった。難しい相手に間違いなかったが、日本の選手たちは日の丸を背負うことの誇りと魂を存分に見せてくれた。

「17歳でも日の丸を背負って戦えるということは本当に言葉では言い表すことができない大きいものだと思います。W杯という舞台で、ピッチの11人に入るという責任もありました。背負いたくても背負えない日本の選手がいたりだとか、(大会直前にケガをした)斉藤(光毅)選手や瀬古(歩夢)選手もここに立ちたかったと思うんですけど、そういう人たちの面も含めて気持ちが乗り移ったと思います」

 DF菅原由勢は、誰よりも体を張ってイングランドの選手たちに立ち向かっていった。彼の奮闘なくして、0-0で90分を終えてPK戦に持ち込むという結果はなかったかもしれない。3-5で敗れたPK戦でも、1人目のキッカーとして、きっちりと責任を果たした。

 日本の戦い方は概ねプラン通りだった。グループステージ2戦目のフランス戦で、格上のチーム相手にボール支配率を上げて試合の主導権を握ろうとする形が失敗に終わっていた教訓が生きていたのかもしれない。イングランドに対してはしっかりと策を練り、まずは粘り強い守備から入ることを強く意識していた。

 前半からイングランドにボールを持たれる時間は長い。それでもゴール前はしっかりと固め、決定的な場面は体を張って阻止する。なかなか思うようにゴールを決められない展開に、イングランドのスティーブ・クーパー監督も怒りを隠せなかった。

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top