憔悴の浦和MF柏木「ACLの相手の方が強かった」。油断と自己中プレーを反省「情けない」

2017年12月10日(Sun)5時10分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

柏木陽介
初戦敗退を嘆く柏木陽介【写真:Getty Images】

【浦和 0-1 アル・ジャジーラ クラブW杯2017準々決勝】

 現地時間9日にクラブW杯2017準々決勝の試合が行われ、浦和レッズはザイード・スポーツ・シティ・スタジアムでアル・ジャジーラと対戦。0-1で敗れた。

 試合後、取材陣の前に姿を現した柏木陽介は憔悴しきった様子だった。「悔しいというより情けない」と心情を吐露。「内容的に良かったと思う人もいるかもしれない。やっている方からしたら、相手がそれだけのレベルだった。その相手におれらは負けた。そういうとこしか僕の中ではない。なんのためのACL優勝だったのか。頭の中で整理できていない」と語る。

 さらに柏木は「ACLの相手の方が強かった」とまで語る。「自分もそうだけど、自己中心的なプレーも多かった。自分がなんとかという焦りというか……チームとしても最後まで戦わないと。色んなスカウトとか見に来ているけど、こういう試合だからこそチームのために戦うことができる選手が評価されるべきだと思う」と敗因を分析する。

 また、「どっかで気持ち的な緩みがあった」「チームとして油断が生まれた」とも。口をつくのは反省の弁ばかり。チームとしてもっとできたという気持ちがあったのだろう。ハキハキとした口調ながらも表情は沈んだままだった。

「レアルとやりたかったというよりも、負けるかね……」。言葉からは無念さが伝わってくる。自分にもチームにも厳しい指摘を投げかけた柏木。チームをさらにレベルアップさせたい一心なのだろう。

 そのためにはまずは5位決定戦を実りあるものにしなければならない。ウィダド・カサブランカとの一戦は現地12日に行われる。

(取材・文:植田路生【アブダビ】)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top