【西部の目】日韓戦大敗のハリルJ、現実味が伴いすぎていた悪夢。「A代表」でも起こりうる守備崩壊

2017年12月18日(Mon)12時14分配信

シリーズ:西部の目
text by 西部謙司 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

守備崩壊の3失点目。悪夢ですめばまだいいが…

キム・シヌクに3点目を奪われた場面では日本の守備が崩壊していた
キム・シヌクに3点目を奪われた場面では日本の守備が崩壊していた【写真:Getty Images】

 4失点のうち、3点に関しては仕方がないところもある。しかし、3失点目は何をどう改善すればいいか難しいほど守備が崩壊していた。

 イ・ジェソンが体勢を崩しているのに、車屋と土居の2人がいてカットインを許してしまったのに始まり、カバーリングの距離も遠く、そもそもラインが揃っていないので距離感が悪く、イ・ジェソンが密集へ突っ込んでいるのに誰もタックルせず、中央にいた相手の1人に対して昌子源が対応しているのに三浦弦太も加勢してキム・シヌクをフリーにしていた。では、キム・シヌクを誰かがカバーしているのかといえばそこまで連動もしていない。

 ここまでの組織崩壊は「A代表」では起こりえないと思いたい。だが、サイドバックに起用された植田はともかく、昌子、三浦、車屋はすでに「A代表」の選手なのだ。今野泰幸、井手口陽介、倉田のMFも同様。むしろAでも起こりうると考えたほうが現実的かもしれない。

 多くのファンにとって韓国に1-4など悪夢にほかならない。ただ、悪夢ならまだいい。悪夢が覚めたと思ったらまだ悪夢だったという恐ろしいことにならないように願いたい。

(取材・文:西部謙司)

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top