2017年J1新加入ベストイレブン。Fチャン編集部が選定、新天地で輝いた実力者【編集部フォーカス】

今シーズンも様々なドラマが生まれた明治安田生命J1リーグ。今回、フットボールチャンネル編集部では夏の補強を含めた新加入選手の中からベストイレブンを選出。前年からの順位アップやJ1残留などチームに貢献した面々をピックアップした。

2017年12月26日(Tue)10時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

鳥栖を支えた新守護神

20171221_gonda_getty
サガン鳥栖の権田修一【写真:Getty Images】

GK:権田修一(ごんだ・しゅういち/サガン鳥栖)
1989年3月3日生まれ
33試合出場40失点
《チーム成績》
2016年 勝ち点46 11位
2017年 勝ち点47 8位

 林彰洋がFC東京に移籍した鳥栖だが、チームの新たな守護神には権田が君臨した。前任者と同等のレベルにある実力者の加入もあり、守備面の破綻を回避。第25節・仙台戦の前半11分に負傷交代し翌節の甲府戦を欠場したが、シーズンを通してゴールマウスを守り続けた。終盤は勝ったり負けたりを繰り返し失点も少なくはなかったが、権田のパフォーマンス自体は悪くなかった。日本代表にも復帰しており、国内でプレーするGKで日本トップレベルにあると言えるだろう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

新着記事

↑top