西野朗新監督、日本代表の立て直しへ決意「現状況を打破することが第一義」

2018年04月09日(Mon)20時49分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

西野朗
日本代表の新監督に就任した西野朗氏【写真:Getty Images】

 日本サッカー協会(JFA)は9日、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督解任と西野朗新監督の就任を発表した。

 これを受けた西野新監督は、JFAを通じてコメントを発表し「本来であれば代表監督をサポートしていくポジションであり、このような状況になったことについて、技術委員長として責任を感じています」と述べた。

 2016年3月からJFAの理事と技術委員長を務めていた西野氏は、今回それらの職を辞して日本代表監督に専念する。9日に記者会見に臨んだJFAの田嶋幸三会長は「ワールドカップで1%でも勝つ可能性を見つけていきたい、その思いで決断に達しました。新しい監督は内部からの昇格しかないと考えました。(ワールドカップまで)わずか2ヶ月しかないということで、ずっとこのチームを見てきた方、西野(朗)氏を監督と決定しました」と、西野監督の任命理由を説明した。

 一方、残された時間が少ない中で大役を任された西野監督は「このタイミングでの監督交代は非常に難しいことですが、自分の立場だけを考えるのではなく、現状況を打破することが第一義だと判断し、日本代表の指揮を執ることにしました。ワールドカップに向けて、サッカー界の力を結集していけるように、全身全霊で取り組んでいきます」と意気込みを述べている。

 なお、ハリルホジッチ監督の解任にともない、コーチを務めていたジャッキー・ボヌベー氏、GKコーチのエンヴェル・ルグシッチ氏、フィジカルコーチのシリル・モワンヌ氏の契約解除も明らかになった。

 西野体制のコーチングスタッフや新任の技術委員長は現在選定中で、12日に改めて発表される予定となっている。

【了】

★W杯予選まとめはこちら★

新着記事

FChan TV

↑top