岡崎・吉田よ、監督続投なら移籍せよ。“節穴”と“失格者”の指揮官に未来なし【粕谷秀樹のプレミア一刀両断】

岡崎慎司の所属するレスター・シティ、吉田麻也の所属するサウサンプトンはともにシーズン途中で指揮官交代に踏み切った。しかし、レスターのクロード・ピュエル監督は戦力を見誤り、サウサンプトンのマーク・ヒューズ監督は既に時代に取り残された過去の人。クラブが2人の続投を選択するならば、移籍を視野に入れるべきでは…。(文:粕谷秀樹)

2018年05月15日(Tue)10時44分配信

シリーズ:粕谷秀樹のプレミア一刀両断
text by 粕谷秀樹 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

グアルディオラさえ警戒した戦力を見誤る“節穴”

岡崎
岡崎慎司と吉田麻也はこの夏に移籍すべきかもしれない【写真:Getty Images】

「一部の主力が監督に反旗を翻した」

 クラウディオ・ラニエリ、クレイグ・シェイクスピア、クロード・ピュエル……。レスター・シティは3代連続で監督に対する不満がロッカールームからメディアに漏れ、いまや一介のクラブに戻ってしまった。世界中のサッカーファンを味方につけ、プレミアリーグを制した2シーズン前の面影はすでにない。ヨーロッパリーグの出場権争いにすらほとんど絡めず、今季を9位で終えている。

「たった半年で、偉大なチームを創れるはずがない」

 最終節を前に、ピュエル監督はこう言った。「自分が就任したのは昨年10月下旬だ。準備する期間がなかったのだから致し方ない」とでも言い訳したかったのだろうか。「けが人が多すぎた」とも発言している。

 しかし、戦力を見誤ったことも否定できない。ポゼッションの導入は、選手の個性を無視した暴走だった。レスターの強みはスピーディーなカウンターである。ジェイミー・ヴァーディー、岡崎慎司、マーク・オルブライトンといったハードワーカーが軸であり、彼らの運動量にリヤド・マフレズの〈魔法〉がミックスされたときは、ビッグクラブをも圧倒する。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督でさえ警戒していた。

「ヴァーディ―、オカザキ、オルブライトンが連動してプレスをかけ、高い位置でボール奪取を狙ってくる。しかもカウンターは、ショートもロングも鋭い。レスターは手ごわいチームだ」

 要するにピュエルは、基本的なゲームプランを構築する時点で間違いを犯していたのだ。また、選手が好パフォーマンスを披露しても、仏頂面でベンチに座っているだけ……。サポーターに支持されるタイプではない。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top