伊解説者が柴崎を絶賛「日本の頭脳」。日本の”談合試合”は「あまり好きではないが…」【ロシアW杯】

2018年06月29日(Fri)9時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

柴崎岳
ナンド・オルシ氏が絶賛した柴崎岳【写真:Getty Images】

 

 現地時間28日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグH組第3節、日本代表対ポーランド代表の試合は0-1でポーランドが勝利した。同時刻キックオフとなっていたコロンビア対セネガルの一戦は1-0でコロンビアが勝利しており、この結果セネガルと日本は勝ち点、総得点、得失点すべてで並ぶという状況に。しかし、フェアプレーポイントでセネガルを上回っていた日本が決勝トーナメント進出を果たしている。

 日本にとって大一番となったこの一戦。海外メディアはどのように西野ジャパンを評価したのだろうか。

 80年代にGKとしてラツィオなどで活躍し、イタリアでワールドカップを中継するテレビ局『メディアセット』で解説を務めたナンド・オルシ氏は日本の前半について「宇佐美貴史は乾貴士と比べると守備的だし、サイドハーフを務めた酒井高徳は本来サイドバックであるから、あまり攻撃的ではなかった」とあまり良い印象ではなかった模様。しかし柴崎岳については「日本の頭脳」と絶賛している。

 また、同氏は「できるだけリスクを冒さないための布陣であるのはわかるが、ポーランドにはロベルト・レバンドフスキやピオトル・ジエリンスキがいる。攻撃陣には常に注意しなければならない。彼らはチャンスも作っていた。日本は吉田麻也と槙野智章以外に高さのある選手がいないので、ロングボールには十分に注意が必要」とポーランドの攻撃陣を警戒するよう促した。

 この発言の直後、日本はFKからヤン・ベドナレクに先制ゴールを奪われた。オルシ氏は「何か違うものを見せなければならない。守るものはもうそんなにない」と日本に変化を加えるようアドバイスしている。

 しかし西野ジャパンは、セネガルがリードされているという状況を把握し、試合終盤はリスクを冒さず後ろでボールを回し時間稼ぎに入った。ポーランドもリードしているため、前からプレスをかけにはこない。そのまま試合は終了し、日本は2大会ぶり3度目のワールドカップベスト16入りを果たしたのである。

 試合の終わらせ方についてオルシ氏は「正直なところあまり好きではないが、リスクを冒さないためにこの選択をした意味はわかる」と理解を示している。

【了】

ワールドカップ
ワールドカップ日程・結果
ついに開幕! ワールドカップの日程・結果をチェック。
日本代表
日本代表特集
日本代表の最新ニュース・コラムをチェック。日本代表のワールドカップ試合日程やメンバーは?
旗
ワールドカップ出場国紹介
ワールドカップ出場国をチェック。各国の情報や注目選手、グループリーグの順位は?
美女
美女サポーター特集
ワールドカップ出場国の美女たちを紹介する。お気に入りの美女を見つけよう!

 

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top