19歳エムバペがメッシの夢を打ち砕く。異星人級の超絶スピード、組織の中でも輝ける理由【ロシアW杯】

現地時間30日、ロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦でフランス代表がアルゼンチン代表を4-3で下した。この試合でまばゆい輝きを放ったのは19歳のキリアン・エムバペ。圧巻のスピードを披露した新世代のスーパースターが、リオネル・メッシの頂点への夢を打ち砕いた。(文:舩木渉)

2018年07月01日(Sun)9時29分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

世界を驚かせた60m独走の超速ドリブル

キリアン・エムバペ
キリアン・エムバペが異次元のスピードドリブルで世界の度肝を抜いた【写真:Getty Images】

「彼は別の惑星から来た」

 サッカー界で異次元の能力を発揮する選手を形容するとき、とりわけリオネル・メッシについて、このような言葉を何度も目にしてきた。そして今日、同じ表現を別の選手に使うことになるとは思いもしなかった。

「キリアン・エムバペは別の惑星から来たのではないか」

 もはや本当にそうとしか…いや、実際には地球出身なのだが、30日のアルゼンチン戦で見せたパフォーマンスはこれまでの常識を覆しかねないものだった。

 開始11分、世界が驚いた。エベル・バネガのコントロールミスを見逃さず、自陣中央でボールを攫ったエムバペは、一気にスピードを上げてゴールに向かって突き進む。凄まじい速さのドリブルでハビエル・マスチェラーノを一瞬で置き去りにし、ペナルティエリア内に侵入。ここで置いていかれそうになったマルコス・ロホに倒され、フランスにPKが与えられた。

 ドリブルした距離は実に60mほど。そこで一度もスピードを落とすことなく、ボールと共に走り抜いた。だが、これはエムバペ劇場の始まりに過ぎなかった。

 メッシを下がり目のFW、いわゆる“偽9番”的に配置したアルゼンチンも必死に食い下がった。絶対的エースはエンゴロ・カンテの厳しいマークに遭っていたものの、41分にアンヘル・ディ・マリアが芸術的な左足のミドルシュートで同点ゴールを決める。

 さらに後半序盤の48分、セットプレーのこぼれ球を拾ったメッシが左足でシュートを放つと、ニアサイドに残っていたガブリエル・メルカドの足に当たってコースが変わり、勝ち越しゴールが決まった。しかし、アルゼンチンの反撃の勢いはすぐに削がれてしまう。

 57分、ブレーズ・マテュイディのロングスルーパスを使って相手守備陣の裏に飛び出したリュカ・エルナンデスがクロスを上げると、ファーサイドに流れたボールを、走り込んでいた右サイドバックのバンジャマン・パバールがボレーシュート。しっかりと抑えられた鋭いボールがゴール左隅に突き刺さって、フランスが再び同点とする。

 そしてここからエムバペ劇場第2幕のスタートである。64分、ポール・ポグバから左に展開し、リュカ・エルナンデスが折り返す。ゴール前の混戦でマテュイディのシュートがブロックされると、こぼれ球に詰めていたエムバペが左に持ち出し、巧みな足技で間合いを取ったうえで左足を振り抜いた。ボールはGKフランコ・アルマーニの左手をかすめて貴重な勝ち越しゴールが突き刺さった。

1 2 3

新着記事

↑top