武藤嘉紀加入のニューカッスル、世界屈指の本拠地St.ジェームズ・パークについて知るべき10のこと【編集部フォーカス】

2018年08月09日(Thu)11時44分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

毎試合17分の“IN LOVING MEMORY”

セント・ジェームズ・パーク
毎ホームゲームの「17分」にマレーシア航空17日撃墜事件で犠牲になった2人への追悼の拍手が送られる【写真:Getty Images】

 セントジェームズ・パークで行われるニューカッスルのホームゲームでは、毎試合前半の17分になるとスタジアムが拍手に包まれる。大型ビジョンには”IN LOVING MEMORY”の文字が2人分の名前入りユニフォームとともに映し出される。

 これは2014年7月17日にウクライナ上空で起きた「マレーシア航空17便撃墜事件」によって亡くなった2人のニューカッスルファンを偲ぶためのもの。ジョン・アルダーとリアム・スウィーニーは、愛するクラブのプレシーズンツアーを観戦するためにニュージーランドへ向かう途中で命を落とした。そしてファンたちの呼びかけで、すべてのホームゲームの「17分」に追悼の拍手が送られることになったという。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

FChan TV

↑top