元日本代表の福西崇史、41歳で10年ぶり現役復帰! “キャプ翼”の南葛SCに加入

2018年08月22日(Wed)20時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

福西崇史
元日本代表の福西崇史【写真:Getty Images】

 東京都1部リーグの南葛SCは、元日本代表のMF福西崇史が同クラブに入団して現役復帰することを22日に発表した。10年ぶりの現役復帰となる。

 1976年生まれの福西は現在41歳。ジュビロ磐田で12シーズンにわたってプレーしたあと、FC東京、東京ヴェルディでもプレーして2008年に現役を引退していた。日本代表としても通算64試合に出場し、2002年と2006年の2回のワールドカップに出場している。

 南葛SCはJリーグ加盟を目指して戦っているクラブで、現在東京都1部リーグに所属。11節を終了した時点でリーグ首位に立ち、来季の関東リーグ昇格に向かって前進している。クラブ名は漫画『キャプテン翼』に登場するチームに由来している。

 福西は現役復帰の理由について、「まずは、南葛SCに深く関わられている高橋陽一先生から熱烈なオファーをいただいたこと。多くのサッカー選手と同じく、『キャプテン翼』を読んでサッカーにハマった自分としては、“リアル南葛SC”でプレーできるということが、本当にうれしいです」とコメントしている。

 その上で「Jリーグを本気で目指している南葛SCのプロジェクトにも賛同させてもらい、自分の力が少しでも役に立てるならばと感じました」と述べ、「近い将来、Jリーグの監督として指揮を取ることを目指している自分としては、違うカテゴリーとはいえ、現場の空気を吸い、真剣勝負の場に身を置くことは大きなプラスになると考えています」と続けている。

【了】

新着記事

↑top