新生日本代表23人を徹底分析「スター不在でどれだけやれるか」「一人で行ける『槍』が多い」【宮澤ミシェルの独り言】

2018年08月31日(金)11時30分配信

シリーズ:宮澤ミシェルの独り言
text by 青木務 photo Junichi Ebisawa
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

「ボランチには長谷部みたいな選手が必要」

 ディフェンス登録の中では佐々木(翔)と冨安(健洋)が初招集。佐々木は今シーズン最初の方のパフォーマンスがすごく良くて、今もいいアベレージでやっているね。冨安がどこまで成長しているかも気になるところだ。植田(直通)が海外に行って何を感じたかも楽しみ。育ってもらわなきゃいけない選手ばかりだよ。

 車屋(紳太郎)はフロンターレで出している良さを代表でも出して欲しいよね。遠藤(航)はどの監督にも重宝されている。遠藤がデビューした時のインパクトはすごかった。特別に足が速いわけでもなく、高さもないんだけど、平均値が高い。

 遠藤がどういう選手かはみんなわかっていると思う。だから他の選手、ちょっと破天荒な選手を呼んでも面白かったかもしれない。破天荒というと変なイメージになるかもしれないかな。アンダー世代では引っかからなかったけど、その後急激に伸びた選手とかだね。

 森保が、遠藤と自分を重ね合わせていて、「コイツと心中したい」とかだったら、それはそれでどんなチームになるのか興味深いけどね。タフに働いて危険なところを潰してくれて、森保もそのタイプだったし、遠藤もそういう選手だから。

 ボランチは青山(敏弘)が生命線だよね。怪我で辞退することになったけど、ロシアワールドカップのメンバーにも入っていた。ボランチには長谷部(誠)みたいな選手が必要。青山にはリーダーになってほしいし、次の世代の大島(僚太)でいくのか、三竿(健斗)か。とにかく、長谷部のようなチームに安心感をもたらすタイプを見極めたいよね。

1 2 3 4

新着記事

↑top