大迫勇也がもたらす攻撃陣の化学反応。森保Jの方向性を左右するエースの存在価値

日本代表は12日、パナマ代表との国際親善試合に臨む。今回の合宿からロシアワールドカップに出場した従来の主力級が続々合流した中で、大迫勇也の存在が次世代を担うアタッカーたちの魅力とどんな化学反応を見せるか。「半端ない」エースストライカーを生かせる攻撃陣の組み合わせとは?(取材・文:元川悦子)

2018年10月12日(Fri)11時30分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

森保ジャパン、パナマ戦へ

大迫勇也
日本代表の大迫勇也【写真:Getty Images】

 ロシアワールドカップでベスト16進出に貢献した主力と新世代の融合の第一歩となるパナマ戦が12日に行われる。

 8日から現地で合宿を張っている日本代表は試合前日の11日夕方、冷たい雨の降りしきる新潟・デンカビッグスワンスタジアムで冒頭15分間以外は非公開の最終調整を実施。4分半と長かった冒頭ミーティングでは、森保一監督に新キャプテンに指名された吉田麻也が円陣の中で挨拶する一幕も見られた。

 4年後のカタール大会で4度目のワールドカップ出場を目指す長友佑都も「長谷部(誠)の後のキャプテンはなかなか大変でしょうけど、彼なりのキャプテンシーを見せてほしい。僕もできる限りサポートしていきたい」と盟友にエールを送った。

 その吉田を筆頭に、ロシアワールドカップ組が何人先発するかがパナマ戦の1つの注目点。今回は9月のコスタリカ戦で出番の少なかった選手を優先的に起用するという見方もあるため、GK東口順昭やDF槙野智章、MF遠藤航あたりは温存されるかもしれない。

 試合日程の関係で合流が遅れた長友や酒井宏樹も次戦要員と位置づけられる可能性が少なからずある。そういう中でも、初日から合宿に参加している絶対的ストライカー、大迫勇也はスタメンの有力候補と目される。森保監督も堂安律や伊東純也らフレッシュなアタッカー陣と彼を組み合わせを見てみたい気持ちは強いはずだ。

 新体制の初陣で鮮烈な印象を残した新背番号10・中島翔哉も「(大迫は)経験があって、前でキープもできますし、ゴール前での駆け引きも上手だと思いますし、ポルチィモネンセでにもジャクソン(・マルティネス)とかそういう選手がいて、自分との相性がすごくい。やりやすいんじゃないかと思います」と今年3月のマリ戦以来の共演を心待ちにしている。

 中島はA代表デビュー戦だったその試合で代表初ゴールも奪っている。それも大迫が前線で体を張ってボールを収める仕事を精力的にこなしてくれたから。その時のいい感覚が今も残っているのは確かだろう。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top