圧巻の破壊力。ドルトムントが見せつける5戦22得点。欧州屈指の守備組織に挑む準備は、整った

2018年10月22日(Mon)11時30分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

アトレティコ撃破へ最高のスパーリング

181022_at_getty
24日にはチャンピオンズリーグでディエゴ・シメオネ率いるアトレティコ・マドリーと対戦する【写真:Getty Images】

 後半に入り、アルカセルに代わってフィリップが入ると、ドルトムントは、攻守における連動性を前半に比べて欠くことになった。もちろん前半だけで3点のリードを奪ったことや、シュトゥットガルトが布陣を3バックに変更したことなど、要因はいくつかあるだろう。しかし、少し悪い流れになりながらも、決して相手に得点は許さず、最後は85分にフィリップがダメ押しとなる4点目を奪った。

 試合後の会見でルシアン・ファブレ監督は、次のように振り返っている。

「我々はとても良いスタートを切って、45分を終えると、3:0とリードを奪った。ハーフタイムの後でシュトゥットガルトはとても危険だったね。にもかかわらず、我々はこの試合をコントロールした。全体としては勝利に値するものだ」

 80分にロイスが退くと、やはり“ロイス・システム”を維持できなくなってしまうところがあるように、もちろん課題が全くないわけではない。しかしアトレティコ戦を前にした現時点という意味では、“最善のスパーリング”を行うことができた、と言えるのではないか。

 シュトゥットガルト戦を終えて、ここ5試合で22得点と圧巻の破壊力を見せつけている攻撃陣が、スペインのみならず欧州屈指の守備組織に挑む準備は、整った。

(文:本田千尋【ドイツ】)

【了】

1 2 3

新着記事

↑top