圧巻の破壊力。ドルトムントが見せつける5戦22得点。欧州屈指の守備組織に挑む準備は、整った

ドルトムントが強い。今季から就任したルシアン・ファブレ監督のもとで開幕から好調を維持し、ブンデスリーガ第8節シュツットガルト戦でも4-0と勝利。ここ5試合で22得点という破壊力を見せつけた。次戦はチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦。欧州屈指の守備を持つチームを迎え撃つ準備は整った。(文:本田千尋【ドイツ】)

2018年10月22日(Mon)11時30分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

セカンドトップにロイス。定着した4-4-2

181022_dort_getty
攻撃をけん引するマルコ・ロイス(右)とパコ・アルカセル(左)【写真:Getty Images】

 仕上がりは順調のようだ。24日にチャンピオンズリーグのグループA第3戦を控えているボルシア・ドルトムント。迎え撃つのはアトレティコ・マドリーだ。スペインのみならず欧州屈指の強豪がやってくる。

 ディエゴ・シメオネ率いるメガクラブとの一戦を前に、10月20日のブンデスリーガ第8節では、“最善のスパーリング”を行うことができたようだ。対戦相手はVFBシュトゥットガルト。前節対ハノーファー96戦を落として最下位に転落した古豪は、タイフン・コルクト前監督が解任され、マルクス・ヴァインツィール監督が就任したばかり。そんな新たな船出を、ドルトムントは、開始3分でひっくり返した。

 マルコ・ロイスがペナルティエリア内でパコ・アルカセルにパスを出す。ベンジャマン・パヴァールの足に当たって跳ね返ったボールを、ジェイドン・サンチョが左足でねじ込む。ボールはインスーアの差し出した右足に当たって、ゴールに吸い込まれていった。

 シュトゥットガルト戦でルシアン・ファブレ監督は[4-4-2]の布陣を選択。セカンドトップにマルコ・ロイスを配置するこのシステムは、完全に今季のドルトムントのスタイルとして定着している。

 FWのポジションでは、パコ・アルカセルが今季初先発。スペイン代表FWは、23分にロイスが追加点を挙げたその2分後に、ショートカウンターから鮮やかなループ弾を決めている。スコアは3-0。前半の25分が過ぎた時点で、ほとんど勝負は決したと言って良かった。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top