長友佑都を超えられるか…日本代表初選出の山中亮輔「僕にとってはチャンス」

2018年11月13日(Tue)8時20分配信


Tags: , , , , , , ,

山中亮輔
日本代表初選出となった山中亮輔【写真:Getty Images】

 日本代表は12日、16日に大分銀行ドームで行われるキリンチャレンジカップ2018の対ベネズエラ代表戦を前に大分市内で合宿を始めた。

 日本代表初招集となった山中亮輔は「だいぶ緊張してましたね」と合宿初日を振り返った。森保ジャパンの印象を問われると「2列目の選手がすごく躍動していたイメージがあって、そこを少し僕が出たら手助けできるようにできたらいい。オーバーラップで回ったりだとか、関わっていけるようにしていきたいなと思って見ていました」と語った。

 代表メンバーには南野拓実や中島翔也といった25歳の山中と同じリオ世代の選手も選ばれている。「話すことも多いので、かなり溶け込みやすいですね」と話す一方で「すごいなと思って見ていましたけど、いつか僕もというふうには思ってテレビで見ていました」と同世代の活躍には刺激を受けていたようだ。

 今回の合宿にはガラタサライで活躍する長友佑都は肺気胸の影響で招集が見送られた。同じ左サイドバックとしてプレーする山中は「僕にとってはチャンスだし、こういったチャンスをものにできるように、まずは明日からの練習でしっかりアピールして、試合に使ってもらえるように頑張っていきたいなと思います」と意気込んでいる。

 セットプレーの精度には定評のある山中。「距離とか角度にもよると思うんですけど、チャンスがあれば僕もストロングとしているところなので、チャンスがあれば狙っていければいいかなと思います」と得意のプレスのキックでアピールをしたいようだ。

「オリンピックはすごく悔しい思いをしたので、やっとまたこのユニフォームを着られるということにすごくワクワクしていますし、ついにここまで来たなという感じでやっています」と話す山中は代表初出場を虎視眈々と狙っている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top